» 男性型脱毛症(=壮年性脱毛症)

男性型脱毛症(=壮年性脱毛症)

男性ホルモンの一種であるテストステロン(T)は5αリダクターゼという酵素により、毛乳頭細胞の活動を低下させるように作用するジヒドロテストステロン(DHT)という強力な脱毛ホルモンに変換されます。男性型脱毛症(=壮年性脱毛症)は、このジヒドロテストステロン(DHT)が多く生成されてしまう遺伝的体質により、ヘアサイクルが短縮し、せっかく新しい毛が生えてきたとしても、長く伸びないうちに抜け落ちてしまうという流れを繰り返し、薄毛・抜け毛が前頭部や頭頂部から進み、全体的に髪の毛も薄くなっていく症状です。(フケやかゆみを伴う場合もあります。)

昨今では、ストレスの増加や喫煙などの影響により、男性だけでなく女性にも同じような症状が現れる場合もあります。

男性型脱毛症の仕組み

男性型脱毛症(=壮年性脱毛症)の進行タイプ

line

初期・中期・末期

頭頂型頭頂型

頭頂部から薄毛・抜け毛が進行するタイプ。

前頭型前頭型

前頭部から薄毛・抜け毛が進行するタイプ。

M字型M字型

額の左右上部からアルファベットの「M」の
ように薄毛・抜け毛が進行するタイプ。

end

男の身だしなみ PR    ⇒ オーダースーツ ⇒ 霊園墓地