» 適切なブラッシングの仕方

適切なブラッシングの仕方

ブラシをかけることで、頭皮に残っているフケや汚れが取り除かれ、また、毛根が刺激されることによる血行促進が期待できます。

くれぐれも頭皮に傷がつかないように、やわらかいブラシで適度に、適切に行うよう心がけましょう。

髪の毛のすべりをよくするために、ヘアクリーム等を使用した上で、ブラッシングするのも良いでしょう。

プロセス1:毛先のもつれを取り除きながら、生え際に向けてブラシをかける

line

毛先のもつれを取り除きながら、生え際に向けてブラシをかける頭皮、髪を傷めないように、包み込むようなイメージで毛先のもつれを取り除きながら、生え際に向けてブラッシングしましょう。

プロセス2:生え際から頭頂部にかけてブラシをかける

line

生え際から頭頂部にかけてブラシをかけるプロセス1と同様の感覚で、今度は生え際から頭頂部にかけてブラッシングしましょう。

プロセス3:後頭部から頭全体にかけてブラシをかける

line

後頭部から頭全体にかけてブラシをかける後頭部から頭全体にかけて、毛の流れと同じ方向にブラッシングしましょう。

ブラッシングにふさわしいブラシについて

ブラッシングにふさわしいブラシについてブラッシングにふさわしいブラシは、毛先が柔らかくて、静電気を起こさない地肌に優しいものが良いでしょう。

ナイロンブラシや、豚やイノシシの毛で作られた獣毛ブラシがそれにあたります。

多く市販されているポリエチレン製のブラシは、静電気を生じさせやすく、髪の毛を傷めてしまう場合があります。

また、金属製のブラシは、キューティクル(=毛小皮)を壊してしまう可能性があるので、こちらも使用する際には注意しましょう。


end

男の身だしなみ PR    ⇒ オーダースーツ ⇒ 霊園墓地