» 適切なシャンプーの仕方

適切なシャンプーの仕方

シャンプーは薄毛・抜け毛対策の重要な一つの手段です。

髪の毛の1本1本には皮脂腺があり、常に脂分を分泌しています。その頭皮の脂分にホコリ等が付着し、微生物が繁殖するような悪状態をつくります。このように頭皮は体の中でも汚れやすい部分ですので、常に頭皮を清潔にするよう心がけましょう。

適切なシャンプーを行うことで薄毛・抜け毛の予防や進行を遅らせることができます。

プロセス1:40〜42度くらいの適温で髪の毛を流す

line

プロセス1:40〜42度くらいの適温で髪の毛を流す髪の毛の汚れを40〜42度くらいの適温で洗い流しましょう。さらに、これを5〜10分続けると、頭皮の血行が良くなり、育毛(≒発毛)効果が向上するでしょう。

プロセス2:適量のシャンプーで髪の毛を洗う

line

プロセス2:適量のシャンプーで髪の毛を洗う適量のシャンプーで、地肌を揉むように洗いましょう。

プロセス3:ぬる目のお湯で洗い流し、再度適量のシャンプーで髪の毛を洗う

line

一度ぬる目のお湯でシャンプーを洗い流し、再度適量のシャンプーで二度目のシャンプーを行いましょう。

プロセス4:後頭部や額の生え際を丁寧に洗う

line

プロセス4:後頭部や額の生え際を丁寧に洗う後頭部や額の生え際部分を丁寧に指先を細かく使いながら洗いましょう。かゆい部分や耳の周りは、特に入念に洗うようにしましょう。

またこの際、濡れた髪の毛は、髪の毛の表面にあるキューティクル(=毛小皮)が柔らかく、傷みやすい状態になっているので、毛と毛の摩擦でキューティクル(=毛小皮)が剥がれ落ちないよう、シャンプーをよく泡立てて行うようにしましょう。

プロセス5:シャンプーが残らないようにしっかりと洗い流す

line

プロセス5:シャンプーが残らないようにしっかりと洗い流すシャンプーが残らないようにしっかりと洗い流しましょう。シャンプーのあとにリンスをしたい方は、リンスが地肌に直接つかないように、髪全体になじませ、しっかりと洗い流しましょう。

プロセス6:乾いたタオルを押し当てて水分を取る

line

プロセス6:乾いたタオルを押し当てて水分を取る乾いたタオルを軽く押し当てて水分を取るようにしましょう。決してタオルをゴシゴシとこすり合わせないようにしましょう。

タオルで水分を取ったあとにドライヤーをしたい方は、乾かし過ぎは髪を傷めるので、8割程度が乾くのを目安に、低い温度設定で行うようにしましょう。

end

男の身だしなみ PR    ⇒ オーダースーツ ⇒ 霊園墓地